行事活動報告

2017春季生活闘争 連合奈良中小交流集会を開催

 

連合奈良 中小交流集会 開催報告

  

日 時  2016年12月13日(火)18:30~21:30
場 所  ビジネスホテル「ふたかみ」  奈良県大和高田市有井247-2
参加者  30名
          
内 容  1. 奈良県からの行政報告
            奈良県産業・雇用振興部 雇用政策課
              
    2. 「働き方改善セミナー」~ワーク・ライフ・バランスのススメ~
              講師 社会保険労務士  北場 好美 氏
    3.  中小労働組合との意見交換会

 主催者を代表し、連合奈良 小山会長から、「連合は、2017春闘方針のなかで、健康で働き続けられる労働時間と過労死ゼロの実現に向け、勤務間インターバル規制(原則11時間)の導入や特別条項付き36協定を適用する場合における構成組織ごとの年間上限時間の設定など、ワークルールの取り組みを進めているところであります。また連合奈良は、奈良県とも知事懇談会を通じまして、働き方改善について取り組みを進めております。     本日ご参加いただいています組合役員の皆様方におかれましては、この働き方改善セミナーで学んでいただいたことを、今後の組合活動において点検・整備などに取り組んでいただきたい。」と挨拶されました。


 続いて、奈良県産業・雇用振興部 雇用政策課の江上様から、奈良県の働き方の現状や働き方改善アンケート結果の報告後、「長時間労働の要因として、業種や職種の違い、また仕事や上司の性質の違いなど、職場マネジメントの改善や働く者の意識の改革が必要なのではないか」と述べられました。

 

 「働き方改善セミナー」では、社会保険労務士の北場様よりワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、ワーク・ルールを様々な視点から見た内容での説明をしていただきました。またワーク・ライフ・バランス度チェックシートを用いてのグループ討議では、働き方の実態や課題の情報共有・情報交換をおこないました。最後に中小労働組合との意見交換会では、様々な課題について情報交換をおこなったところです。

前のページへもどる