お知らせ

2017春季生活闘争情報 NO.1

     2017 春季生活闘争 第1 回回答集計結果について

 

 2017 春季生活闘争につきまして、3 月17 日(金)午前10 時時点で取りまとめた第
1 回回答集計結果を次の通りご報告いたします。

 

 

 4 年連続の賃金改善と底上げが実現している!!

 

 回答を引き出した組合数は、昨年同時期を上回る。

 

 中小健闘!!企業規模間格差が縮小

  非正規労働者の賃上げ、正社員を上回る!

 

 

【概要】
○ 2 月の要求提出以降、厳しい交渉環境の中で各労使が真摯に交渉を重ね、15
  日のヤマ場を含む第1 先行組合の回答ゾーンである今週(13~17 日)、多く
  の組合が4 年連続となる月例賃金の改善原資を獲得した。

 

○ 集計結果は6,270 円・2.06%(昨年同期比▲71 円・▲0.02 ポイント)であっ
  た。300 人未満は5,139 円・2.06%(同▲87 円・▲0.01 ポイント)であり、率
  では全体に等しく、規模間格差は縮小している。また全体・中小とも、回答
  を引き出した組合数は、昨年同時期を上回っている。

 

○ 非正規労働者の賃金引上げは、単純平均で時給23.65 円(同▲2.30 円)・月
  給5,359 円(同284 円)となっており、正規を上回る改善を果たしている。

 

○ 賃金以外でも、所定労働時間の短縮や非正規労働者の処遇改善などが実現し
  ている。

 

○ 現時点の最大の特徴は、4 年連続の賃金改善と底上げが実現していることであ
  る。この流れが継続するよう、交渉中の組合を支援していくとともに、春季
  生活闘争がもつ社会的コンセンサス作りの機能拡大に向けて取り組みを進め
  ていく。

 

 

前のページへもどる